アウトコース No.6

右サイドより攻めるのがよい。グリーンはお椀形でむずかしい。



次のコースへ>>